交差点で衝突、バスの6人死亡 三重

昨日、少々引っかかったのは、三重県亀山市で起きた交通事故の報道です。三重県亀山市と言えば、近年は家電大手のS社の工場が液晶パネルを国内生産していることで、名を馳せています。大企業による「生産拠点の海外移転には要注意」と言うのがかねてからの持論であったので、この家電大手の姿勢には非常に好意的な感情を抱いています。

しかし、今回の亀山市で起きた交通事故で亡くなった6人の方々の国籍は、いずれもフィリピンなのだそうです。そして、亀山市にある派遣先の液晶テレビの部品製造工場に出勤する途中で事故にあったと報じられています。亡くなられた方々のご冥福をお祈りし、お怪我をされた方の早期の回復を願う気持ちは国籍を問うものではありません。

ただ、たまたま起きた交通事故の被害者が外国人労働者であったという事実から、その背景にどのくらいの人数の外国人労働者が亀山で働いているのだろうと思ってしまいました(外国人への労働許可は現在どのような基準で与えているのかという点も含めて)。また、早くも忘れられていることなのかもしれませんが、去年の暮もおしつまった12月28日、厚生労働相の諮問機関労働政策審議会は派遣法改正に向けた報告書を当時の長妻昭厚生労働大臣に提出し、報告書は製造業の派遣原則禁止及び登録型派遣の原則禁止という企業にとっては厳しい内容になっていたのですが、今回被害にあわれた外国人労働者の方々は、いずれも派遣労働者と言う範疇に含まれる労働者だったようで、この問題も絡んできます。

=== 日本経済新聞電子版より引用 ===

交差点で衝突、バスの6人死亡 三重、22人重軽傷
2010年11月28日

28日午前7時45分ごろ、三重県亀山市の県道交差点で、マイクロバスと大型トレーラーが衝突、マイクロバスに乗っていた工場従業員アダロ・アルマ・ドラさん(33)=亀山市=らフィリピン国籍の男女6人が死亡した。2台の運転手2人と、フィリピン人従業員20人が負傷し病院で手当てを受けた。県警によると、このうち10人が重傷。

県警は自動車運転過失致傷の疑いでトレーラーの運転手森脇隆夫容疑者(45)=大阪府松原市=を現行犯逮捕。衝突の際にトレーラーが横転し森脇容疑者も右肩を骨折するなど重傷を負っており、県警は治療のため釈放し同過失致死傷容疑に切り替えて捜査している。亀山署によると、現場は国道1号沿いに通る側道と県道が交わる信号のない交差点。マイクロバスは県道を直進しようとして、トレーラーと出合い頭に衝突したとみられる。トレーラー側に一時停止義務があったが、現場にブレーキ痕はなかった。亀山署が詳しい状況を調べている。

マイクロバスは人材派遣会社「エーワンテック」(同県松阪市)の所有。フィリピン人従業員26人は同社に所属し、亀山市にある派遣先の液晶テレビの部品製造工場に出勤する途中だった。

トレーラーは石材を入れたコンテナを積んで大阪から長野県大町市に向かう予定で、森脇容疑者は事故当時の状況について「休憩するために側道に入った。気付いたら目の前にバスがあった」などと説明している。現場はJR亀山駅から北西に約2キロで、山中を通る県道。〔共同〕

=== 引用終わり ===

派遣労働者


移民政策の困難さ

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/96-ea25c017