年金の併給調整について-その1-

 公的年金制度では、1人1年金が大原則です。そのため、例外的に遺族年金と本人の老齢年金など2つ以上の年金の受給権を取得したときに、複数の年金の中から1つを選択したり、特例として2つ以上の年金が受給できる場合があります。そこで、遺族年金を中心に、併給調整の考え方をまとめておきたいと思います。


1.1人1年金の原則

 公的年金制度では、国民年金、厚生年金保険、共済組合等から、2つ以上の年金を受けられるようになったときには、いずれか1つの年金を選択しなければならないという原則のことです。ただし、現行制度において国民年金は全国民に共通の基礎年金として支払われています。厚生年金等の被用者年金制度は、基礎年金の上に建てられた2階部分ということですから、「老齢基礎年金と老齢厚生年金」、「遺族基礎年金と遺族厚生年金」及び「障害基礎年金と障害厚生年金」などの同じ事由で支払われる組み合わせは、1つの年金とみなされ、合わせて受給することができます。


2.2つ以上の年金の受給資格を取得した場合

 支給事由が異なる2つ以上の年金受給資格を取得した場合、1人1年金の原則から、本人がいずれか1つの年金を選択しなければなりません。

 例えば、障害厚生年金を受給されていた方が遺族基礎年金及び遺族厚生年金の受給資格を取得したような場合です。また、遺族基礎年金及び遺族厚生年金を受給していた方が、60歳になって特別支給の老齢厚生年金を受けられるようになったときも、支給事由が異なる2つ以上の年金受給資格を取得した場合に該当します。


3.2つ以上の年金の受給ができる特例

(1)65歳以後の遺族厚生年金と老齢基礎年金は組み合わせてよい
 遺族厚生年金を受給していた方が、65歳以上で新たに老齢基礎年金を受給できるようになった場合、老齢基礎年金及び遺族厚生年金を合わせて受給することが認められています。遺族基礎年金については、「18歳になった年度末までの子又は子のある妻」を遺族の要件にしているので65歳以上の受給者というのは余程特殊な事例だと思いますので、ここでは考察の対象からはずします。

(2)65歳以後の遺族厚生年金と老齢厚生年金の調整
 65歳以上で遺族厚生年金及び本人の老齢厚生年金の両方を受給できる資格を持っている配偶者というのは、比較的よく見かける場合かと思います。この場合には、まず、本人の老齢厚生年金(A)が支給されます。そして、遺族厚生年金(B)と老齢厚生年金の2分の1及び遺族厚生年金の3分の2を合算した年金額(C)のいずれか高い方の年金額から(A)老齢厚生年金の年金額を控除した金額が支払われます。(A)の金額を上回らない(B)又は(C)の年金部分は支給停止になり、(A)の金額が(B)又は(C)の高い方の年金を上回っている場合には、遺族厚生年金は全額支給停止になります。

 結果はほとんど変わらないと思われますが、平成19年(2007年)3月31日以前に、65歳以上(昭和17年4月1日以前生まれ)で既に遺族厚生年金の受給権者である場合の配偶者は、前述の(A)、(B)又は(C)のいずれかを選択します。また、配偶者以外の遺族の場合には、(A)又は(B)からの選択になります。

(3)65歳以後の障害基礎年金との併給
 遺族基礎年金及び遺族厚生年金を受給していた方が、新たに障害基礎年金を受給できるようになった場合、65歳以後、障害基礎年金及び遺族厚生年金を合わせて受給することが認められています。この場合、遺族基礎年金は、支給停止になります。考え方は、65歳以後の老齢基礎年金及び遺族厚生年金との併給と同じ考え方です。

 このことは、障害基礎年金及び障害厚生年金の受給資格者の場合、65歳以降、老齢基礎年金及び遺族厚生年金との併給の選択肢が、65歳前までの「遺族基礎年金と遺族厚生年金」又は「障害基礎年金と障害厚生年金」からの選択肢に加わるということになります。とはいえ、(1)でも述べたように65歳以後の「遺族基礎年金と遺族厚生年金」の選択肢と言うのは、かなり非現実的だと思われます。

(4)65歳以後要件は重要
 併給の特例は、65歳以後が重要な要件です。ここから、本来65歳から支給開始される老齢基礎年金の繰上げ支給を選択した場合、65歳になるまで遺族厚生年金は支給を停止されます。また、60歳以降に老齢基礎年金の繰上げ支給を受給していた方がその後65歳以前に遺族厚生年金を受給する資格を得て、遺族厚生年金を選択した場合も、老齢基礎年金の方は支給停止になりますが、65歳以後に老齢基礎年金及び遺族厚生年金が併給されるようになっても、老齢基礎年金の年金額は、繰上げ支給で減額された金額のままです。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/87-9db9ca4f