FC2ブログ

後期高齢者医療制度の自己負担、1割または3割?

 医療保険制度のうちの75歳以上から適用される後期高齢者医療制度、きりの良い年齢ではないのに負担率が3割から1割に変更になったのですが、どうしてでしょうかという相談を受けました。我が国の医療保険制度は、国民皆保険の素晴らしい制度ですが、それなりに複雑です。当事者になってみないとなかなかわかりにくいものです。

 年齢が75歳を超えると、それまで入っていた国保や社保を離れて「後期高齢者医療制度」という健康保険制度に加入します。「後期高齢者医療制度」の最大の特徴は、医療費の自己負担割合が「1割」と低いことです。しかし、すべての加入者の自己負担割合が「1割」というわけではありません。「現役並み所得者」と呼ばれる基準があり、収入がそれを超えてしまうと、自己負担割合が「3割」になってしまうのです。ただし、「現役並み所得者」であっても、ある条件を満たして、「基準収入額適用申請書」という書類を提出すれば、自己負担割合を1割に下げられる可能性があります。

20190710_SkyTree@アサヒビール本社_KIMG0657


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/636-a6fc4e0b