FC2ブログ

「SSSS GRIDMAN」はいいぞ!

 あくまでも個人的な見解ですが、ここ数年の間、これはという新作ロボットアニメが見られなかったのですが、遂に現れたという感じで注目している作品があります。今季放映中の「SSSS GRIDMAN」です。1993年から1994年にかけて放送された円谷プロの特撮ドラマ「電光超人グリッドマン」を原作とするアニメで、TRIGGERというアニメ制作会社が、円谷プロの協力を得て制作に当たっています。特撮版の原作は、電脳空間に現れ、現実世界にも悪い干渉を及ぼす怪獣と電脳世界で戦うという、当時としては斬新な内容を含んでいました。IoTなど夢物語だった時代、何しろWindows95がまだ発売されていないくらいです。話が時代を先取りしすぎていて、コアなファンを獲得したものの、知名度は今一つだったようです。

 浅草社労士自身は、ウルトラマン、セブン世代であり、原作の電光超人の名前はこのアニメで初めて知りました。ですが、アニメGRIDMANの登場シーンがウルトラマンのそれを想起させるものでしたので、「どうせ、特撮版の原作を見た世代を中心に円谷作品好きの大人に迎合した色物だろう」程度の乗りではありましたが、見始めたものでした。GRIDMANがさっそうと登場して、怪獣を倒すのは、まさに期待通りでしたが、8話まで見てきて、アニメの出来は期待を素晴らしく上回るものだと徐々に認識が変化して参りました。

 ロックグループOxTが歌うオープニングの出だしが「目を覚ませ、僕らの世界が侵略されてるぞー」というもので、なかなか恰好良いのです。加えて、歌詞にも何やら寓意が含まれているようにも読めます。物語は、響裕太(エネルギー体と合体してGRIDMANを具現させる主人公)、その親友内海将、宝多六花の3人を中心に、その日常に頻繁に出現する怪獣との戦いと怪獣が出現するこの世界の謎に迫るという展開です。上記のGRIDMAN同盟の3人以外の人々は、なぜか怪獣が出現した記憶が消されてしまうという現象が起こっており、ここから洗脳も主題の一つなのかもしれないなどと、おじさんは想像をめぐらすことができます。また、出現した怪獣たちは一人の少女の歪んだ心から生み出されているということが6話で確認され、その新条茜は「外から来た危険な侵入者」に利用されているということも分かってきています。円谷作品には、昔から社会に対する寓意が含まれていたような感じを大人になってから持つようになりました。このアニメも、その辺りを上手に含んだつくりになっているようです。視聴する子供たちにも、できればそこまで考えて見てもらいたいものです。

 もちろん、原作に対するオマージュは、ジャンク屋を営む六花の実家に置かれたジャンクPCなど言うに及ばず、特撮版のオープニング曲(ピアノ版)を上手く劇中で流すなど、原作を見ているオールドファンにはたまらない演出が施されていて、原作への並々ならぬ敬意が払われています。ロボットアニメの観点からも、機動戦士ガンダムなどが開拓したリアルロボットアニメとも、新世紀エヴァンゲリオンが先鞭をつけた世界観ロボットアニメとも一味違う、面白い作品分野を切り開いたと評価できると思います。SSSS GRIDMAN、現実社会にも警告を鳴らすのかもしれない、これからの展開も楽しみです。

20181101_鷲神社@浅草_KIMG0497

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/594-c82fafd2