FC2ブログ

勤務間インターバル制度

 今朝の日本経済新聞電子版に、仕事を終えてから次の始業までに一定の休息時間を設ける「勤務間インターバル制度」が取り上げられておりました。2019年4月から企業に導入の努力義務が課されていること、ただし、必要な休息時間について、具体的な数字が示されているわけではありません。記事によれば、直近の調査で、導入済みの企業が全体の1.4%とのことでした(政府の目標は2020年までに10%)。

 既に導入している企業として、次の会社の例が紹介され、インターバルの時間は、目標を含め11時間というのが、一つの目安になっているようです。

(1)AGS(情報サーヴィス)

(2)ニトリホールディングス

(3)JFEスチール
 正式導入に至っていないが、残業が月60時間を超えた場合、8時間の休息時間を11時間に切り替える制度。所定の休息時間を確保できないケースもある。

 勤務間インターバル制度については、東京都社労士会の会報9月号(454号)にも特集記事が掲載されておりました。ここで紹介されている企業は、以下の通りです。

(4)ユニ・チャーム
 最低8時間以上、努力目標10時間

(5)株式会社フレッセイ
 休息時間 11時間

(6)TBSグループ
 最低9時間以上、月11日以上11時間

(7)聖隷三方原病院
 最低11時間以上

(8)本田技研
 22時以降まで残業を行う場合、本社・営業12時間、研究所 10時間、工場 9時間30分~11時間30分

20180726_Lotus@不忍池_KIMG0450

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/585-7a750626