FC2ブログ

冬季五輪と日本人の働き方

 日本選手も大いに活躍した平昌での冬季五輪が閉幕しました。地政学上のリスクが高まる中で、無事大会を終えて選手が帰国できれば「御」の字とさえ思っていたものですから、選手たちの活躍で予想外に盛り上がることができたといえます。

 その中でも、羽生結弦選手の完璧なSPと魔物を封じ込めたがごとくのフリーの演技、そして、日本人の美点を結晶にしたような立ち居振る舞いは素晴らしいものでしたが、ここでとり上げたいのは、スピードスケートの女子パシュート競技での金メダルです。個々人のタイムでは明らかに勝っている大柄なオランダ人選手を相手に、2秒近い差をつけて圧勝できた理由は、チームワークの良さの一言に尽きるのでしょう。ここで、浅草社労士が真っ先に思い出したのは、リオ五輪における男子400メートルリレーにおける銀メダルの走行でした。日本人がこの手の競技において発揮する「チームワークの良さとは一体何なのか」に思いを致したのです。

 陸上短距離競技にしても、スピードスケート競技にしても、基本的には、個々人の身体能力の高さ、体格の良さや筋力がものをいう競技だと思います。小柄で筋力の劣るアジア系の日本人は、これらの種目で不利な条件を背負って戦わなければなりません。しかし、チームで戦うという要素が加わることで、勝敗を左右する条件に変化が生じてくることを一番わかっていたのも日本チームだったのかもしれません。400メートルリレーにおける世界一速くて正確なバトンタッチやパシュートにおける芸術的ともいえる3人のシンクロ走行や戦略的な先頭交代、これらを実現した選手の練度と協調性は、日本の歴史、文化や伝統に根差したものであり、他国と比べても卓越したものであるように思えます。

 私たちの暮らす日本列島は、いうまでもなくユーラシア大陸から海で隔てられた島国であります。日本人の成り立ちには諸説ありますが、太古の昔から土着した人々にこれも相当に古い時代にユーラシア大陸や南方の島嶼など様々な地域から渡ってきた人々が混血してできた民族と考えておけば、まず間違いはないでしょう。日本列島は、大部分が温帯広葉樹林帯に属し、稲作農業などを行えば、それなりに生産を上げられる地域ですが、台風の通り道であるうえに、活火山も多く、ときには大地震に襲われること、さらに洪水を引き起こす急流に世界有数の豪雪地帯もあるという、文字通り災害の百貨店のような列島でもありました。

 そういう地域で生き延びていくためには、助け合い、協力し合うことの方が、殺したり、だましたりすることよりも合理的で、はるかにましな選択だったのでしょう。また、大陸に地続きの地域の事情とは全く異なった適度に狭い国土の中では、むやみに他者を殺害したり、危害を加えたりする豪族の噂は、直ちに伝播されることになり、こういう者たちの逃げ場がないため、淘汰されていったのではないでしょうか。結局は、この列島において協調性のある助け合いの精神を持った者が優勢となり、生き残ってきたのではないかと推測できるのです。さらには、そうして実現した比較的安全な生活環境の中で、職人的な技を磨いて蓄積していくことを善しとする伝統的な美意識が養われ、それが技の練度を磨いてゆく過程での選手が持つ高い意識の背景にあるものとの推測も成り立つのです。

 おそらくは、日本の学校や会社でやたらと協調性やチームワークの大切さが強く主張されることになっているのは、こうした国土の条件や風土に根差したある種の必然だったのではないかとさえ考えられるのです。米国流の文化が押し寄せてきた戦後、そして、バブル崩壊後方向性が見いだせなくなっている昨今は、脱日本的経営が叫ばれ、個人主義的な傾向、例えば「成果主義」などが強まっているような状況ですが、成果主義などを取り入れれば入れるほど日本経済は弱体化してきているように感じられるのは何故でしょうか。むしろ見直すべきは、我が国の歴史であり、伝統なのではないかと思います。平昌五輪におけるチームパシュートの金メダル獲得は、そんなことも私たちに教えてくれているように思えるのです。

20180129_SkyTree@梅園_KIMG0361


コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/564-c6056617