「させていただく」というのは敬語なのか?

 「最近の若い奴らは」と「最近の日本語の乱れは」というは、おそらくは大昔から使われてきたのであろうし、これからも絶えることなく語り継がれていく言い回しとなるのでしょう。ことに、今年で150周年となる明治維新の前後では、文明開化などといって、生活様式や風俗にある種の断絶が生じて、明治の指導者たちは、そもそも高等教育を日本語で行うのか、はたまた英語や独語のような外国語で行うべきなのか、というようなことで悩むことから始めなければならなかった訳ですから、時代の急激な転換についていけない守旧派の人々からの非難などは、想像を絶するものがあったことでありましょう。結果的に、明治の先達は、熟慮の末、西洋のから輸入された新しい概念を次々と日本語に翻訳し、日本語で高等教育を行うという最善の選択をしてくれたおかげで、今日私たちは、母国語だけで高度な知識を身に着け、物事を思考することができるようになっているのです。

 とはいえ、昨今の日本語の乱れというのは、目に余るものがあります。まず思いつくのが、英語などのカタカナ外来語の野放図な侵攻です。年齢がばれてしまうのですが、「Gパン」とか「チョッキ」といっていたものが「ジーンズ」やら「ベスト」になったのは、正しい英語や準世界共通語の英語に収束していく動きで、ご愛敬というところです。また、パソコン周りの用語なども仕方がないところではあると思います。ですが、役所が率先して、「クールジャパン」とか、「マイナンバー」などとうそぶくのは、どうなんだろうと首をかしげてしまいます。ちなみに、浅草社労士は「ファシリテート」とか言い出すコンサルタントとか専門家は、即刻お引き取りいただくようにしています。

 最近の耳障りに感じるのは、「〇〇させていただく...」という似非敬語の類です。これは、数年前に今振り返ってみると我が国に禍根ばかりを残して去った某政治家がテレビなどに頻繁に登場し、多用したのがきっかけだったように記憶しています。どういうわけか、今やこの言い回しがかなり定着し、様々なところで使われているようです。たとえば、五輪に出場することになった選手が「皆様が応援してくださったおかげで五輪に行かせていただくことになりました。」というような表現です。一見謙虚そうで、無難な表現なのかもしれませんが、どうも主体性のない空虚な言葉のにおいがします。「皆様が応援してくださったおかげで五輪に行くことができます。」で十分でしょう。そうでなくても、主語が曖昧だといわれる我が母国語です。一体全体誰の意思で物事が動いているのか、少しは明確にする意思が必要です。政治家はもちろん、我々のような士業に就いて、人前で話をする機会のある者は、須く注意して、回避すべき似非敬語だと思うのです。

 可能の意味を表現する「見られる」、「起きられ」、「投げられる」などが「見れる」、「起きれる」、「投げれる」という「れ」抜き言葉にになりつつあるのも、もう誤用の方が多いくらいで、いわゆる正しい言葉遣いをしているのは、NHKのアナウンサーくらいという惨状ですから、早晩正誤が逆転するのかもしれません。「れ」抜き言葉の評価が難しいのは、仄聞するに、方言によっては、「れ」抜きの方が昔から一般という地方もあるからです。

 そのNHKにしても、皇室に関する敬語にはかなり心もとないものがあります。皇室に関する敬語・用語は、一般に使われるそれとは異なる場合があり、かなり難しいので、NHKをはじめとする報道機関が正しい敬語・用語を使って初めて我々がその使い方を知るという場合が多いと思います。ところが、そのNHKが、「譲位」を「生前退位」と伝え、皇太子殿下や内親王殿下を「様」で代替してしまうような状況ですから、お寒い限りです。某新聞紙に至っては、皇室に関してまともに敬語を使わない方針のようで、話にもなにもなりません。そういう、言葉を大切にしない報道機関が、果たして将来生き残っていけるのか、大いに疑問に感じている次第です。

20171217_車海老@かじ池亭_KIMG0328

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/562-0f1a9648