働き方改革実現会議

 働き方改革の実現を目指す政府の「働き方改革実現会議」の初会合が9月27日に開催されております。同会議の議長には、安倍晋三総理、議長代理に加藤勝信働き方改革担当相、塩崎厚労相が就き、その他菅官房長官など5人の閣僚と有識者議員が15人で構成されています。

 この日の初会合では、有識者議員から以下に掲げる9つの議論されるべき議題が提案され、今後これらの議題が議論され、具体的な実行計画がまとめられてゆくようです。(9)の外国人労働者受け入れは国を滅ぼしかねない非常に深刻な問題をはらんでいます。これをやってしまうと、(2)などは到底実現不可能になるのです。なぜなら、外国人労働者を入れる本当の目的は、安い労働力の確保であり、日本人労働者より安く使える労働者が国内でも大量に確保できることになれば、生産性向上のための設備投資が抑制される要因として働くことになるからです。仏独などの西ヨーロッパ諸国で多文化共生の美名の下に行われた労働政策が正にこれで、その結果欧州諸国がどうなってしまったか、我が国は今こそ彼らの失敗からしっかりと学んでゆくべきなのです。また、外国人労働者は一旦入れてみて、状況によって事後に取り消せるような生易しい問題でもありません。この点も欧州の現状を見れば誰の目にも明らかなはずです。

(1)同一労働同一賃金など非正規雇用の処遇改善
(2)賃金引上げと労働生産性の向上
(3)時間外労働の上限規制のあり方など長時間労働の是正
(4)雇用吸収力の高い産業への転職・再就職支援、人材育成、格差を固定化させない教育の問題
(5)テレワーク、副業・兼業といった柔軟な働き方
(6)働き方に中立的な社会保障制度・税制など女性・若者が活躍しやすい環境整備
(7)高齢者の就業促進
(8)病氣の治療、そして子育て・介護と仕事の両立
(9)外国人材のの受け入れの問題

(有識者)

生稲晃子 女優
岩村正彦 東京大学大学院法学政治学研究科教授
大村功作 全国中小企業団体中央会会長
岡崎瑞穂 株式会社オーザック専務取締役
金丸恭文 フューチャー株式会社代表取締役会長兼社長 グループ CEO
神津里季生 日本労働組合総連合会会長
榊原定征 日本経済団体連合会会長
白河桃子 相模女子大学客員教授、少子化ジャーナリスト
新屋和代 株式会社りそなホールディングス執行役人材サービス部長
高橋 進 日本総合研究所理事長
武田洋子 株式会社三菱総合研究所政策・経済研究センター副センター長 チーフエコノミスト
田中弘樹 株式会社イトーヨーカ堂 人事室 総括マネジャー
樋口美雄 慶應義塾大学商学部教授
水町勇一郎 東京大学社会科学研究所教授
三村明夫 日本商工会議所会頭

20160928_View@LMTower_KIMG_0030

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/501-154afe31