在職老齢年金(2)

 ここで、在職老齢年金の支給額を考える時に、もう一つ考慮しなければならないのが、雇用保険法で規定されている「高年齢雇用継続給付制度」です。「高年齢雇用継続給付制度」は、雇用保険の基本手当を受給していない場合に適用される「高年齢雇用継続基本給付金」及び基本手当を受給開始した後再就職した者を対象とする「高年齢再就職給付金」からなります。基本的には、賃金が低下した被保険者に給付金を支給する制度です。支給額については、どちらも同様の考え方をとるので、以下「高年齢雇用継続基本給付金」制度を中心に見て行きます。

 

1.高年齢雇用継続基本給付金

(1)支給要件

 被保険者であった期間が通算して5年以上ある被保険者が、60歳到達後も継続して雇用され、60歳以後の各月に支払われる賃金が原則として60歳到達時賃金の75%未満であることが支給要件になります。

(2)支給期間

 被保険者が60歳に到達した月から65歳に達する月までです。各暦日の初日から末日まで被保険者であることが必要です。

(3)支給額

 高年齢雇用継続基本給付金の支給額の計算方法は、比較的単純です。但し、支給額は各対象月ごとに計算され、その計算に「低下率」、「賃金月額」と言った独特の用語が出てきますので、これらの定義を明確に押さえておかなければなりません。

「低下率」(%)=(支給対象月に支払われた賃金額)÷(賃金月額)×100

「賃金月額」=原則として60歳到達前6箇月間の平均賃金(「受給資格確認通知書」、「支払決定通知書」に記載)です。例外は、60歳到達後に受給資格が確認される場合で、この場合にはその日前6箇月の平均賃金となります。

「みなし賃金」=支給対象月に支払われた賃金が低下した理由が、被保険者本人や事業主に責任がある場合であったり、他の社会保険により保障がなされるのが適切である場合など、雇用保険により給付がなされることが適切でない場合には、低下した部分も支払われたものとみなして賃金の低下の有無を判定する考え方です。具体的には;

①被保険者本人の非行等による懲戒が原因である賃金の減額

②疾病又は負傷等による欠勤、遅刻、早退等による賃金の減額

③事業所の休業

④妊娠、出産、育児、介護等による欠勤、遅刻、早退等による賃金の減額

ということです。

以上の定義を踏まえた上で、実際の支給額ですが、低下率によって場合分けされています。

①低下率61%以下の場合

支給額=支給対象月に支払われた賃金額×15%

②低下率61%超75%未満の場合

支給額=-183÷280×支給対象月に支払われた賃金額+137.25÷280×賃金月額

 但し、支給対象月に支払われた賃金が344,209円以上の場合、給付金は支給されません。また、支給対象月に支払われた賃金と算定された支給額の合計が344,209円を超える場合には、合計額が344,209円を超える部分については支給されません。 註)344,209円は平成23年8月基準の金額です。

 

2.在職老齢年金と高年齢雇用継続給付金との併給調整

 そこで本題の併給調整の話に移ります。在職老齢年金の支給を受けながら、同時に高年齢雇用継続給付の支給を受けている場合、この期間については、高年齢雇用継続給付の給付額に応じて、次のように在職老齢年金の一部が支給停止になります。

(1)標準報酬月額が、60歳到達時の賃金月額の61%以下である場合

⇒⇒⇒老齢厚生年金について、標準報酬月額の6%相当額支給停止

(2)標準報酬月額が、60歳到達時の賃金月額の61%超75%未満である場合

⇒⇒⇒老齢厚生年金について、標準報酬月額の6%から徐々に逓減する率(支給停止率)を乗じて得た額の支給停止

(3)標準報酬月額が、60歳到達時の賃金月額の75%以上である場合、又は標準報酬月額が高年齢雇用継続給付の支給限度額以上である場合

⇒⇒⇒ 併給調整なし

 これは、何をしているのかというと、煎じ詰めれば「支給額×0.4」を特別支給の老齢厚生年金の停止額にするという計算を行っているのです。例えば、低下率が61%以下のとき、基本給付金の支給率は15%となります。15%に0.4を乗じると6%になります。つまり、支給額×0.4≒標準報酬月額×6%となります。同様に、65%のとき支給率は10.05%ですが、年金停止率は10.05%に0.4を乗じて4.02%となるということです。ここで、「≒」を使ったのは、雇用保険と厚生年金保険という基本的に異なる制度を調整しようとしているために、同じ概念を「支給対象月に支払われた賃金額」「標準報酬月額」という2つの異なる賃金に適用しようとしているためです。

在職老齢年金支給停止率 早見表
標準報酬月額÷賃金月額    年金停止率   
   75%以上       0%      
   74%         0.35%   
   73%         0.72%   
   72%         1.09%   
   71%         1.47%   
   70%         1.87%   
   69%         2.27%   
   68%         2.69%   
   67%         3.12%   
   66%         3.56%   
   65%         4.02%   
   64%         4.49%   
   63%         4.98%   
   62%         5.48%   
   61%以下         6.00%   

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/49-f8322d8d