GPIF 7~9月期運用結果

 日本経済新聞が伝えるところによれば、公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)は、30日、2015年7~9月期の運用実績発表。結果は、7兆8899億円の赤字だったとのことです。期間収益率はマイナス5.59%(4~6月期はプラス1.92%)となり、2014年1~3月期以来、6四半期ぶりのマイナス運用となりました。

=== 日本経済新聞電子版 11月30日 ===

 GPIFは国民年金と厚生年金の積立金を国内外の株式や債券に分散投資している。運用資産額は9月末時点で135兆1087億円。自主運用を始めた01年度以降で最高だった6月末時点(141兆1209億円)から減少した。資産構成別の収益の内訳(市場運用分)は、国内株式が4兆3154億円、外国株式が3兆6552億円、外国債券が2408億円の赤字だった。一方、国内債券は3022億円の黒字だった。

 9月末時点の積立金全体の資産構成は、外債の比率が13.60%と6月末時点(13.08%)から上昇し、これまでの最高(14年12月末、13.14%)を更新した。GPIFが目安の中心値とする15%にやや近づいた。国内債は38.95%と6月末(37.95%)から上昇し、目安の中心値である35%を上回っている。一方、国内株式は21.35%(6月末23.39%)、外国株式は21.64%(同22.32%)と、いずれも前四半期から低下。それぞれ目安中心値の25%には達しなかった。


GPIFの資産構成

      9月末(6月末)

国内債券  38.95%(37.95%)

国内株式  21.35%(23.39%)

外国債券  13.60%(13.08%)

外国株式  21.64%(22.32%)

短期資産  4.46%(3.27%)

=== 転載 終わり ===

201509_蓮華@不忍池_IMG_0420

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/461-61dbddba