メンタルヘルスとうつ病

厚生労働省の調査によれば、うつ病は日本人の15人に1人が一生の内一度はかかる病気なのだそうです。あくまでも統計上の話ということだとは思いますが、物質的には豊かな生活を享受していても、せかせかしていてゆとりのない大都市の住人や労働者の場合は実際もっと多いのかもしれません。これだけ多くの人が発症する病ですが「心の糖尿病」と言われるほどなかなか治癒しないで長引くと言う恐ろしい病でもあるそうです。うつ病とはどんな病気なのか基本的な知識をまとめてみました。


1.体調に表れるうつ病の兆候

うつ病は、脳が疲れた状況で起こる病で次のような症状が兆候として表れます。個人差があるそうですが、「なかなか眠れない、眠れてもすぐに目を覚ましてしまう日々が続く」と言った睡眠障害、「食欲不振による体重の激減」などは比較的共通して見られる症状のようです。なお、男女比では、男性より女性のほうが2倍ほどうつ病になりやすいとされていいます。個人でできる対策は、睡眠障害やいつものと違った元気の出ない状態が2~3週間続くようなことがあったら、気のせいだとは思わないで心療内科などを受診してみることです。

(1)睡眠障害
(2)頭痛、いらいら、漠然とした不安
(3)仕事でも誤りが増えたり、能率が下がる
(4)気分が落ち込み出勤がおっくうになる
(5)食欲不振に陥り、体重が激減する
(6)パニック発作←ここまで行ってしまうと治療が長期化する可能性高い


2.うつ病の症状

(1)身体の不調
 ①疲れ、だるさ
 ②睡眠障害
 ③食欲不振
 ④頭痛
 ⑤性欲、異性への関心低下

(2)心の不調
 ①憂鬱な気分になる
 ②やる気が出ない
 ③決断力・集中力の低下
 ④不安・いらいら・自責感が増す

(3)行動の異常
 ①出勤できなくなる
 ②酒量が増える


3.予 防

蓄積してうつ病を引き起こす原因となる日々のストレスを1日ごとに解消していくことができていれば、うつ病をかなりの程度予防することができます。運動、労働、睡眠、休養、食事の5要素の均衡を毎日の生活の中で実現できるような生活が理想的です。

また、職場におけるうつ病を予防する(如何にストレスを溜めないようにするか)意識や雰囲気作りも重要になってきます。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/42-f77ce598