パワハラが個別労働紛争トップに

 厚生労働省によれば、個別労働紛争関係でよせられる相談件数の2012年度第1位は、「いじめ・嫌がらせ(パワハラ)」(5万1670件)が2011年まで第1位であった「解雇」(5万1515件)を抜いて初めて最多となったとのことです。これは、景気が回復傾向にあることの顕れであるとの見解もあるようですが、さは然りながら、今後従業員満足やESという用語を益々耳にすることが多くなると予想させる出来事です。

 労働相談「いじめ・嫌がらせ」トップ 12年度、件数は横ばい (5月31日 日本経済新聞電子版)
 パワハラ:労働相談で最多 「バカ」など中傷、暴言(5月31日 毎日新聞電子版)

佐倉_0003_convert_20130618210002

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/309-00a932d1