退職勧奨_下関商業高校事件

 各種公務員の定年は原則60歳になっていますが、この制度は昭和56年の法改正により多くの公務員に適用されるようになったもので、それ以前には公務員に定年制度が存在しない時代がありました。その時代に定年制度に代わる役割を担っていたのが、退職勧奨の慣行です。この退職勧奨の違法性が争点になった下関商業高校事件(最高裁昭和55年7月10日第一小法廷判決)を採り上げ、退職勧奨の法的な論点について解説を試みます。


1.事案の概要

 下関市教育委員会は、市立の高等学校が2校しかないため人事交流がなく、教員が高齢化する傾向にありました。そのため、教員の新陳代謝をはかり、適正な年齢構成を維持することを目的に山口県教育委員会が毎年定める退職勧奨基準年齢に準じて勧奨対象者を選定し、市立高校教員に対する退職勧奨を実施してきました。

 下関市の市立高等学校教諭のX1は昭和40年度末から、X2は昭和41年度末から、それぞれ退職勧奨年齢に達したため毎年退職勧奨を受けてきました。しかし、X1、X2は第1回目の退職勧奨以来一貫して勧奨には応じないことを表明していたため、下関市教育委員会教育長であったY2の決裁によりXらに対し退職を勧奨することが決定され、教育次長兼学校教育課長のY3に対し、勧奨の実施方法が指示され、Y2の名で校長に対し退職勧奨についての協力要請がなされました。

 この要請を受けて、昭和45年になってX1に対しては3月12目から5月27目までの間に11回、X2に対しては3月12目から7月14日までの間に13回、それぞれ市教育委員会に出頭を命じ、1~4人の勧奨担当官が1回につき20分から2時間15分に及ぶ勧奨を繰り返しました。加えて、Xらが退職するまで勧奨を続ける旨の発言をし、また、組合が要求していた宿直廃止や欠員補充について、Xらが退職勧奨に応じない限り応じられないなどの発言を行いました。さらに、Xらに教師的活動あるいは研究成果に関するレポートや研究物の提出を要求していました。

 Xらは、本件退職勧奨によって精神的損害を受けたとして、Y1(下関市)、Y2、Y3に対し、国家賠償法1条に基づき各50万円の損害賠償を請求する訴えを提起、1審地裁判決及び2審広島高裁判決ともXらの主張が認める判決となりました。これに対し、Y1が上告したのが本件です。


2.解 説

(1)判決要旨

 上告棄却。
 原審(広島高裁昭和52年1月24日判決)の判断を容認した。

〈原判決の要旨〉

 退職勧奨は、任命権者がその人事権に基づき、雇用関係あるものに対し、自発的な退職意思の形成を慫慂(しょうよう)するためになす説得等の行為であって、法律に根拠を持つ行政行為ではなく、単なる事実行為である。従って被勧奨者は何らの拘束なしに自由にその意思を決定しうることはいうまでもない。

 なお勧奨は一定の方法に従って行なわれる必要はなく、退職を求める人事行政上の事情や、被勧奨者の健康状態、勤務に対する適応性、家庭の事情その他被勧奨者の要望等具体的情況に応じて、退職の同意を得るために適切な種々の観点からの説得方法を用いることができるが、いずれにしても、被勧奨者の任意の意思形成を妨げ、あるいは名誉感情を害するごとき言動が許されないことは言うまでもなく、そのような勧奨行為は違法な権利侵害として不法行為を構成する場合があることは当然である。

 これを本件退職勧奨についてみるに、(Xらが第1回目勧奨以来一貫して勧奨に応じないことを表明していること、Xらに対して極めて多数回の勧奨が行われていること、その期間もそれぞれかなり長期にわたっていることを認めた上で、)あまりにも執拗になされた感はまぬがれず、退職勧奨として許容される限界を越えているものというべきである。また、本件以前には例年年度内(3月31日)で勧奨は打切られていたのに本件の場合は年度を越えて引続き勧奨が行なわれ、加えてYらはXらに対し、退職するまで勧奨を続ける旨の発言を繰り返し述べて、Xらに際限なく勧奨が続くのではないかとの不安感を与え心理的圧迫を加えたものであって許されないものといわなければならない。

 さらに、Yらは右のような長期間にわたる勧奨を続け、電算機の講習期間中もXらの要請を無視して呼び出すなど、終始高圧的な態度をとり続け、当時「組合」が要求していた宿直廃止や欠員補充についても、本件とは何ら関係なく別途解決すべき問題であるのに、Xらが退職しない限り右の要求には応じられないとの態度を示し、Xらをして、右各問題が解決しないのは自らが退職勧奨に応じないところにあるものと思い悩ませ、Xらに対し二者択一を迫るがごとき心理的圧迫を加えたものであり、またXらに対するレポート、研究物の提出命令も、その経過に照らすと、真にその必要性があったものとは解し難く、いずれも不当といわねばならない。

 本件退職勧奨は、Xらの任命権者である市教育委員会の決定に基づき、任命権者の人事権に基づく行為であり、Y1の公権力の行使というべきである。そしてY2らは自己の職務行為としてXらに退職を勧奨するに当り、その限度を越えXらに義務なきことを強要したものであり、これは少くとも過失によるものと認められるから、Y1はXらに対し、国家賠償法第1条第1項(註)により、右のごとき違法な退職勧奨によってXらが受けた損害を賠償すべき義務がある。

(註)国家賠償法(昭和22年10月27日法律第125号)
 第1条第1項
 国又は公共団体の公権力の行使に当る公務員が、その職務を行うについて、故意又は過失によつて違法に他人に損害を加えたときは、国又は公共団体が、これを賠償する責に任ずる。

(2)退職勧奨の法的性格

 退職勧奨は、単に退職を勧めることですので、被勧奨者はこれに応じる義務はありません。退職勧奨に対して、退職するかどうかは、理論的には労働者が自由に意思決定することができます。従って、退職勧奨は、使用者側からの一方的な意思表示で労働契約を解約する「解雇」とは異なります。もちろん、労働基準法20条「解雇予告」及び「解雇予告手当」の問題も生じる余地はありません。また、退職するかどうかの意思決定は労働者側に委ねられてはいますが、使用者側からの働きかけによるものですから「自己都合退職」とも異なります。使用者と労働者との合意の結果として労働契約が終了することになりますので、「合意退職」に区分されるのです。

 退職勧奨を単なる「事実行為」とみるか、契約の合意解約の申込みである「法律行為」とみるかという論点が一応考えられます。本件判決では、高裁判決にあるとおり、単なる事実行為であると判断しています。両者の間に差異が生じるのは、退職勧奨を受けた被勧奨者が勧奨に応じて退職してから、合意解約の無効を争う場合で、事実行為とするならば、いまだに合意解約は成立していないとの理論構成が採れるというのですが、このような観念論に大した意味があるとは思えません。むしろ、個別具体的な意思決定の過程に「被勧奨者の任意の意思形成を妨げ、あるいは名誉感情を害するごとき言動」がなかったかを検討する方が余程実務に即しているといえます。

(3)退職勧奨はどこまで許されるか

 「被勧奨者の任意の意思形成を妨げるような勧奨行為」は、違法な権利侵害として不法行為を構成します。そこで、どのような勧奨行為が任意の意思形成を妨げる違法な権利侵害と判定されるのかが、次に問題になります。判例によれば、
 ①勧奨の回数;何度にもわたって執拗に退職勧奨を繰り返す。
 ②勧奨の期間;合意に至るまで終わらせないような態度をとるなど、長時間に及んで継続する。
 ③言動;本人の人格を否定したり、威圧的な発言をする。虚偽の説明をする。結婚退職勧奨のような社会的に問題のある発言をする。
 ④勧奨者の人数;大勢で1人を取り囲むような方法をとる(せいぜい2人くらいまでが常識的限度)。
 ⑤優遇措置の有無
の5要素を総合的に考慮して判断するとしています。要は、「退職の勧奨」が「退職の強要」になってはいけないということです。

(4)退職勧奨の実務

 我が国の労働慣行において、解雇は使用者にとって非常に難しいものと考えられます。そのことは、労働契約法16条に「解雇権濫用法理」として明文化されており、確固たる法規範として認識されています。一方、退職勧奨は、合意による労働契約の解約ですから、合意に至りさえすれば、原則として後日不当解雇として争いが生じるおそれはありません。懲戒解雇の事由に該当する場合を除き、解雇が必要と考えられる場合であっても、まずは退職勧奨を試みる方が予防労務の観点からは望ましいともいえます。

 ただし、実務上、確実に退職勧奨を行って、後日不当解雇の提訴可能性を絶つには、それなりに注意が必要です。第1に、本件のような「退職の強要」と取られるような方法は回避することです。そして、①解雇ではないこと、②退職の勧めであること、③勧奨の諾否はあくまで本人が決定すること、の3点を対象者に明確に理解してもらうことです。そして、解雇が必要と考えられる場合であっても、退職勧奨でいく場合には、その目的は対象者の非を責めることではなく、労働契約の合意解約であることを意識して手続きを進めて行くべきです。そして、退職勧奨の結果、本人の合意が得られた場合に、合意した事実を書面に残すことが非常に重要です。例えば、次のような「退職届」を作成することが考えられます。

 株式会社 XYZ
 代表取締役 甲

 退職届
 
 貴社からの退職の勧奨を受け、これに合意して平成○○年○月○日をもって退職いたします。

 以 上

 平成○○年△月△日
 氏名: 乙  ㊞
2012_東京上野浅草周辺+053+(2)_convert_20121111

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/273-87b2c966