厚年法75条と厚生年金特例法の問題をめぐって

1.厚生年金保険法75条の問題

 2007年に年金記録の問題が顕在化して以来、旧社会保険庁から現在の新組織日本年金機構において年金特別便及び年金定期便の発送などが行われるようになり、記録問題解決のための努力が続けられて今日に至っています。その過程で明らかになってきた消えた年金記録のうちで、厚生年金保険料が給与から控除されているにもかかわらず、事業主から保険料納付や資格の届出が行われなかったため、保険料徴収権が時効消滅した後に記録回復が問題になっても、厚生年金保険法75条の規定により、その記録は年金額に反映されてこないという問題がありました。

 厚生年金保険法75条の規定とは、「保険料を徴収する権利が時効によって消滅したときは、当該保険料に係る被保険者であった期間に基く保険給付は、行わない。但し、当該被保険者であった期間に係る被保険者の資格の取得について第27条の規定による届出又は第31条第1項の規定による確認の請求があった後に、保険料を徴収する権利が時効によって消滅したものであるときは、この限りでない。」という規定です。

 この条文は分かりづらいので解説すると、まず消滅時効についてですが、「保険料その他この法律の規定による徴収金を徴収し、又はその還付を受ける権利は、2年を経過したとき、保険給付を受ける権利は、5年を経過したときは、時効によって消滅する。」というのが厚生年金の原則です。そして、27条の規定による届出又は31条1項の規定による確認の請求とは何かということです。これは、厚生年金保険法18条1項に「被保険者の資格の取得及び喪失は、厚生労働大臣の確認によつて、その効力を生ずる。(但し書き省略)」とあります。すなわち、例えば厚生年金被保険者の資格取得は、厚生年金の適用事業所に雇用されれば、原則として法律の規定により当然に被保険者となるのですが、その効力の発生のためには、資格取得という法律関係の存在を確認する行政処分である「確認」を別途行わなければならないということなのです。その確認には、同法18条2項によれば、3つの方法があり、(1)事業主の届出(27条)、(2)被保険者又は被保険者であった者の請求による確認(31条1項)、(3)保険者の職権による確認、とされています。

 ここから、75条がどういうことを謳っているのかが明らかになります。すなわち、悪質な事業主が、社会保険料を給与から天引きしていたにもかかわらず、そもそも資格取得の届出がなされずに2年以上経過している場合、この被保険者の資格取得は、届出がなされていないことから効力が生じておらず、消滅時効が成立してしまっています。したがって、被用者は事業主に対して不当利得の返還請求は当然できますが、国に厚生年金の年金記録の記載を求めることは本来的にはできないということになります。

 逆に、事業主から資格取得の届出がなされているにもかかわらず、保険料を国が徴収していないという場合には、消滅時効は成立しないので、年金記録は復活するということですが、事業者から資格取得の届出が出ていれば、当然保険料の督促及び徴収は行われるはずですので、これは比較的想定しにくい場合になります。


2.厚生年金特例法と75条の問題

 ところで、上記のような年金記録問題に対処するために、平成19年(2007年)12月に厚生年金特例法が施行されました。同法によれば、被保険者の給与から保険料が天引きされていたにもかかわらず、事業主が年金事務所に対して、保険料納付又は被保険者の資格関係等の届出を行っていたことが明らかでない事案について、年金の保険給付の対象とするための年金記録訂正を行い、また、事業主は時効消滅後であっても、納付すべきであった保険料(以下「特例納付保険料」という)を任意で納付することができることとし、当該事業主に対してはその納付が勧奨されるというものです。

 具体的には、
(1)年金記録確認第三者委員会が、事業主が従業員から厚年保険料を給与天引きしながら、日本年金機構(旧社会保険庁)に納付記録がないと認定した場合には、年金事務所は年金記録確認第三者委員会の認定事実により年金記録を訂正し、年金額に訂正した年金記録を反映させます。
(2)事業主は、保険料の徴収権が時効消滅となる2年を経過した後であっても保険料を納付することができることとなり、厚生労働省は当該事業主に対して保険料の納付を勧奨します。当該事業所が廃業している場合には、役員であった者に納付の勧奨が行われます。
(3)厚生労働省は当該事業主又は役員が保険料を納付しない場合には、当該事業主名又は役員の氏名を公表します。ただし、保険料が納付されたか否かが不明の場合はこの限りではありません。
(4)これでもなお保険料が納付されない場合には、国が保険料を負担することになります。

2012_@東京上野浅草周辺+091A_convert_20120802

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/252-a383c51f