平成24年度年金額の変更など

 新年度が始まりました。年金は給付額、保険料ともに引下げです。総務省は本年1月27日、平成23年度の全国消費者物価指数が対前年度比で0.3%下落した旨公表していますが、これを受けて平成24年度の年金額は、0.3%引き下げられることになりました。具体的には、老齢基礎年金(満額)が月額65541円(平成23年度65741円)、夫婦2人分の老齢基礎年金を含む標準的な厚生年金額(註)が月額230940円(平成23年度231648円)となります。年金の受取額が変わるのは、4月分が支払われる6月の支払いからとなります。

(註)厚生年金は、夫が平均的な収入(平均標準報酬36万円)で40年間就業し、妻がその期間全て専業主婦であった世帯が年金を受け取り始める場合の給付水準。

平成24年度年金額

 また、国民年金の保険料は、平成23年度に比べ、名目で引下げになります。なお、口座振替にある1箇月前納とは、通常の引落しが翌月末日であるのに対して、当月末日に引き落とすものです(末日が休日である場合、翌営業日)。6箇月前納とは、4月分から9月分までの保険料を当年4月末までに納め、10月分から翌年3月分までを当年10月末までに納付するものです。さらに、1年前納制度では、4月分から翌年3月分までの保険料を当年4月末までに納めることになります。

平成24年度国民年金保険料
(参考)平成23年度年金の主な改正点

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/232-58816990