心理的負荷による精神障害の労災認定基準

 厚生労働省では、心理的負荷による精神障害の労災認定基準を新たに定め、12月26日付けで厚生労働省労働基準局長から都道府県労働局長宛て通知しました。これは、2011年11月に取りまとめられた「精神障害の労災認定の基準に関する専門検討会報告書」の内容を踏まえて策定したものです。

 これまで、心理的負荷による精神障害の労災認定については、1999年9月の労働基準局長通達「心理的負荷による精神障害等に係る業務上外の判断指針」(基発第544号)に基づいて、業務上であるかないかの判断を行ってきています。

 新認定基準の要点は、
1.分かりやすい心理的負荷評価表(ストレスの強度の評価表)を定めた。
2.いじめやセクシュアルハラスメントのように出来事が繰り返されるものについては、その開始時からのすべての行為を対象として心理的負荷を評価することにした。
3.これまで全ての事案について必要としていた精神科医の合議による判定を、判断が難しい事案のみに限定した。

 厚生労働省では、今後はこの新基準に基づいて審査の迅速化を図り、精神障害の労災請求事案について、6箇月以内の決定を目指し、また、分かりやすくなった新基準を周知することにより、業務によって精神障害を発病した人の認定の促進も図っていくとしています。

20111226_心理的負荷による精神障害の認定基準

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/216-aa0938c6