平成22年度 脳・心臓疾患および精神障害などの労災補償状況

厚生労働省は14日、平成22年度の「脳・心臓疾患および精神障害などの労災補償状況」を取りまとめ、公表しました。これによれば、精神障害などの労災請求件数は2年連続で過去最高に達した模様です。

以下、取りまとめの要点を転載します。


1.「過労死」など、脳・心臓疾患に関する事案の労災補償状況

(1)労災補償の「請求件数」は802件で、前年度比35件の増。4年ぶりに増加に転じた。
(2)労災補償の「支給決定件数」は285件(同8件の減)で、3年連続の減少。
(3)業種別(大分類)では、請求件数、支給決定件数ともに、「運輸業、郵便業」(182件、78件)、「卸売・小売業」(132件、53件)、「製造業」(118件、35件)の順に多い。中分類では、請求件数、支給決定件数ともに「運輸業、郵便業」の「道路貨物運送業」(108件、57件)が最多。
(4)職種別(大分類)では、請求件数は「輸送・機械運転従事者」(156件)、「事務従事者」(110件)、「サービス職業従事者」(85件)の順で多く、支給決定件数は「輸送・機械運転従事者」(69件)、「事務従事者」(44件)、「専門的・技術的職業従事者」(40件)の順に多い。中分類では、請求件数、支給決定件数ともに「輸送・機械運転従事者」の「自動車運転従事者」(139件、65件)が最多。
(5)年齢別では、請求件数、支給決定件数ともに「50~59歳」(279件、104件)、「40~49歳」(218件、96件)、「60歳以上」(203件、42件)の順に多い。

2.精神障害などに関する事案の労災補償状況

(1)労災補償の「請求件数」は1181件(同45件の増)となり、2年連続で過去最高。
(2)労災補償の「支給決定件数」は308件(同74件の増)で、過去最高。
(3)業種別(大分類)では、請求件数、支給決定件数ともに、「製造業」(207件、50件)、「卸売・小売業」(198件、46件)、「医療、福祉」(170件、41件)の順に多い。中分類では、請求件数は「社会保険・社会福祉・介護事業」(85件)、支給決定件数は「社会保険・社会福祉・介護事業」および「医療業」(各20件)が最多。
(4) 職種別(大分類)では、請求件数は「事務従事者」(329件)、「専門的・技術的職業従事者」(273件)、「販売従事者」(148件)の順で多く、支給決定件数は「専門的・技術的職業従事者」(73件)、「事務従事者」(61件)、「販売従事者」(44件)の順に多い。中分類では、請求件数、支給決定件数ともに「一般事務従事者」(211件、36件)が最多。
(5) 年齢別では、請求件数、支給決定件数ともに「30~89歳」(390件、88件)、「40~49歳」(326件、76件)、「20~29歳」(225件、74件)の順に多い。

平成22年度 脳・心臓疾患および精神障害などの労災補償状況

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/160-14454bd6