浅草寺 大絵馬及び庭園拝観

当地浅草でもあいかわらず東北・関東大震災の余震が続いてはいますが、少なくとも表面的な日常生活はすっかり元に戻ってきて、統一地方選挙も喧しく行われています。これからは、地震よりも放射能の方が気になりますので、東電は福島第1原発から外部に漏れ続ける毎日の放射線又は放射性物質の量を、気象庁は現在流している花粉情報よろしく放射性物質飛散情報をきっちり伝えて欲しいものと思っています。

さて、今年は大震災の影響で三社祭も中止になりましたが、浅草寺は本堂の修繕工事が無事終了したことを記念して、普段は非公開の大絵馬及び庭園を先月25日から4月28日まで一般公開しています。大絵馬は主に江戸時代に描かれたものを中心に多くの貴重な作品が寺宝として保管されています。また、普段は伝法院通りからその一部を垣間見られるだけの見事な庭園を散策することができます。両国の安田庭園や上野の国立博物館の庭園など都会の喧騒の中に閑静な庭園が点在する土地柄ですが、参拝者と観光客で賑わう浅草のど真ん中にこのような閑静な和庭園が保存されているのには驚きます。桜の季節をわずかの差で外してしまいましたが、今は新緑が目に鮮やかで、その場所から五重塔や浅草公会堂、そして僧房の向こうにそびえるSky Treeを見渡すのは実に新鮮な感じがいたしました。
20110422_浅草寺庭園+007

20110422_浅草寺庭園+010

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/140-8fde5b15