英国について

今年のクリスマスは、24日のクリスマスイヴが金曜日で、25日のクリスマスが土曜日でした。そこで、欧米諸国のクリスマスの休日はどうなるのかなと思っていたところ、25日のクリスマスが休みの米国や欧州のドイツなどは、前日のクリスマスイヴを振替日としたようです。しかし、英国は、本来の25日及び26日のボクシングデイの休日を27日と28日に振り替えていました。英国系のカナダ、豪州などはこれに倣ったと思われますが、英国は、欧州の中では欧州標準からいつも一歩引いたところにいるように思えます。

そもそも、個性的な国が多い欧州で、標準などというものがあるのか分かりませんが、例えば交通規則や度量衡です。歴史的に大陸諸国は、右側通行及び左ハンドルの組み合わせですが、ドーヴァー海峡を渡ってブリテン島に着くととたんに左側通行及び右ハンドルの組み合わせです。更に、度量衡も仏革命及びそれに続くナポレオン戦争で当時の欧州大陸屈指の大国となったフランスが決めたメートル法が欧州大陸を席巻しましたが、英国人だけは頑ななまでに仏方式にはなじもうとせず、我国における尺貫法に相当するフィートやストーンの世界に生きています。自動車の計器類はもちろんマイル表示です。

そういう観点で物事を見ていくと、英国はEUについてもいまだに共通通貨の導入には消極的で、推進派の独仏などに比べると1歩も2歩も引いている印象は否めません。だからといって、英国人が島国根性を十二分に発揮して自国市場を守るために外界から閉ざされた世界に生きているかというと、世界から情報を収集し、かつ発信しているBBCやReuterを有することにも見られるように、情報(諜報)活動はお家芸ともいえる国柄です。したたかな英国人のこと、四方を海に囲まれた島国の優位を最大限に利用しつつ、大陸の動向もしっかりと押さえて国益の最大化を追求しているのでありましょう。

ところで、最近はあまり言わなくなりましたが、前首相が唱えた大東亜共栄圏ならぬ東亜細亜共同体構想というのがありました。世界の成長地域亜細亜に乗り遅れないように我が国が主導権をとるには何をなすべきかというような情緒的な問題意識から安易に出てきた思い付きという感じはいたしますが、我が国の国益は一体どこにあるのかを考え抜いた末の構想であったのか、よく分かりません。ここはかつて連合艦隊がそうしたように島国の先輩のやり方を見習っておくところではないかと思われます。

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/106-ce72c538