未払い残業代

出口の見えない不況のせいか、今後「未払い残業代の請求」が大きな問題になってくるかもしれません。考えてみれば、今春の割増賃金等に関する労働基準法の大改正やメンタルヘルス問題の背景には、長時間労働の問題があります。それほどまでに長時間労働の問題があるということは、本来ならば人件費がかさんで仕方がないということになるはずですが、それでもなお長時間労働がなくならないということは、隠然とした「未払い残業代の請求」の問題が表に出てこないでそこいら中にあるということを意味するのではないかと恐れています。

=== 読売新聞電子版より引用 ===

すき家店員らがゼンショー提訴

労働組合の団体交渉権を侵害し、労働者としての尊厳を傷つけられたなどとして、大手牛丼チェーン「すき家」で働く仙台市のアルバイト女性(43)と、女性を支援する労働組合「首都圏青年ユニオン」は13日、すき家を展開するゼンショー(東京)に計約360万円の損害賠償などを求める訴訟を東京地裁に起こした。訴状によると、同ユニオンは2007年2月、女性の未払い残業代の支払いなどを求めて団交を申し入れたが、同社は拒否。今年7月には中央労働委員会が「団交拒否は不当労働行為」と認定したが、応じなかったという。

同社広報室は、「訴状が届いていないためコメントは差し控える」としている。

(2010年12月14日 読売新聞)

=== 引用おわり ===

(註)ゼンショー
東証一部上場。本社は東京都港区港南二丁目18番1号JR品川イーストビル6-8階。
M&Aに積極的で、2000年代には各ジャンルの外食チェーンを次々と買収し傘下におさめている。グループ連結子会社に、ファミリーレストランチェーンの「ココスジャパン」や「サンデーサン」、牛丼とうどんを中心とする外食チェーンの「なか卯」「すき家」などを有する。反面、急激にグループ拡大を進めたことにより有利子負債が急増したため、不採算チェーンの統廃合を進めており、どんぶり専門店の「たの家」、カレー専門店の「南南亭」、ハンバーガーチェーンの「ウェンディーズ」からは撤退した。海外へも事業展開を進めており、2006年にアメリカで約200店を経営するカタリーナ・レストラン・グループを買収する。

社名は以下の語呂に由来する。
創業時からの目標である「フード業世界一」になるためには、「14勝1敗」では駄目で「15戦15勝」つまり「全勝」でなくてはならない。善意の商売を行う。「禅」の心で商売を行う。

(出典:Wikipedia)

コメント

非公開コメント

トラックバック

http://yokoteoffice.blog130.fc2.com/tb.php/104-aef1e02b